実践している美容法やおすすめのコスメ情報など

基礎化粧品の役割と順番について

スキンケア

洗顔後のスキンケアには色々な種類があり、それぞれ役割が異なります。

また、アイテムごとに順番が決められているのにも理由があり、
正しい順番で使用しないとその効果が十分に発揮しないと言われています。

基本の順番

  1. ブースター
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. クリーム

ブースターの役割

導入化粧水や導入美容液と呼ばれることもあるブースターは、
肌の角質を柔らかくほぐし、そのあとに使用する基礎化粧品
を浸透しやすくするためのお助けアイテムです。

化粧水の役割

洗顔後のデリケートな肌に水分を与える役割を持ちます。
塗り方には2パターンあり、それぞれメリットデメリットがあります。

<手でつける場合>
メリット:体温によって浸透力をより高めることが出来る。
デメリット:ムラになりやすい。

<コットンを使う場合 >
メリット:ムラになりにくい。
デメリット:コットンの繊維の刺激で肌が荒れることがある。

乳液の役割

肌に与えた水分や美容成分を逃さないようにする
蓋のような役割を持つ仕上げのアイテムです。
化粧水・美容液の前に使用すると肌への浸透の妨げになるので要注意。

また、化粧水・美容液だけではせっかく与えた水分・美容成分はすぐ蒸発します。
乳液またはクリームのどちらかは必ず使用してください。

クリームの役割

乳液よりも油分の配合量が多く、乾燥の気になる際にオススメです。
乳液後の使用で保湿効果を高めることが出来ますが、
乳液の代わりとして使用してもOK。

まとめ

すっぴん美肌のために最も重要なのがスキンケアです。
せっかく化粧品を買ったのに効果が発揮できていなかった…
というのは避けたいものですね。

スキンケアは正しい順番でより効果的に!
自分の肌状態とも相談しながらより効果的なスキンケアを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました